<< 独創技術のタネ(ISUZU NAVi 5) | main | LiVES Vol.21 バスルーム・フリースタイル >>
2005.05.15 Sunday

伝統工芸と現在技術

0
    デザインネタから技術ネタにずれてきてしまいましたが、もといデザインに照準をもどす、しかし車からは離れられずに、過去にニッサン・インフィニティQ45が発表された時を思い出す。インパネに”漆パネル”エンブレムは”七宝焼き”まさに伝統工芸と近代の融合だったと思う。時はバブル全盛、対するトヨタはセルシオを発表しヨーロッパ物まねと言われたセルシオはジャパンオリジナルを目指したインフィニティと明暗を分け、今や日本車のフラッグシップとなってるような、、、いまはトヨタオリジナルにまでなっているような気もします。伝統と現代、いずれも日本のオリジナルの着想からと受け止められれば”ジャパンオリジナル”ということを教えられた。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    amazon associates
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM